中古マンション購入で必要な仲介手数料

中古マンションをリフォーム工事をすることを前提で購入する人が増えています。
新築と比較すると安いうえに立地が良く、事前に見学してから購入できるのが中古マンションのメリットです。
ただ中古は安いといっても100万円単位のお金がかかるのが一般的です。
事前に購入にかかる諸経費をしっかりと確認しておくことが大切です。
売買契約の際にはマンションの売買代金の他に、収入印紙税や仲介手数料、火災保険やローンの事務手数料などがかかります。
この中で一番高いのが仲介手数料です。
中古マンションは不動産会社を介して購入するのが一般的で、その場合は不動産会社に仲介手数料を支払う必要があります。
仲介手数料の上限は売買契約書に記載された売買代金によって異なります。
400万円以上の中古マンションを購入した場合は、だいたい売買代金の3%+消費税が仲介手数料の上限です。
例えば1000万円の中古マンションを購入すると、仲介手数料だけで39万円近くかかる計算になります。